ナカジマのSF19を駆り、初日トップタイムを記録した大湯
ナカジマのSF19を駆り、初日トップタイムを記録した大湯
 スーパーフォーミュラの第2回公式テストが22日、富士スピードウェイ(静岡県)で始まり、ナカジマの大湯都史樹(22)がトップタイムをマークした。新人年の昨季を上り調子で終えた“SF2年生”。開幕戦(4月4日決勝)の舞台で、今季の大暴れを予感させた。

 初日午後の終盤は、ほとんどのドライバーが新品.....
【ログインして続きを読む】