存在感見せた大湯が2位
スーパーフォーミュラ第1戦決勝
 全日本スーパーフォーミュラ選手権開幕戦は4日、静岡県の富士スピードウェイで決勝が行われ、野尻智紀(無限)がポール・トゥ・ウィンで昨年第4戦以来の優勝を飾った。

 41周のレースは、成長著しい大湯都史樹(ナカジマ)がポール・ポジションの野尻から先頭を奪う好スタート。それでも慌てずに追走した野尻は.....
【ログインして続きを読む】