PPからトップ快走の福住、無念のタイヤトラブル
スーパーフォーミュラ第2戦決勝
 全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦は25日、三重県の鈴鹿サーキットで決勝が行われ、野尻智紀 (無限)が開幕戦に続く連勝を飾った。

 30周のレースは、ポール・ポジションから好スタートを切った福住仁嶺(ダンディライアン)が初優勝目指して先頭を快走する。しかし、9周目にタイヤトラブルで戦線離脱.....
【ログインして続きを読む】