スーパーフォーミュラを運営する日本レースプロモーション(JRP)は11日、大分県庁で出前授業「カーボンニュートラルとモータースポーツを考える」を開催。県立大分高等技術専門校などの生徒93人が、JRPのNEXT50プロジェクトの永井洋治テクニカルアドバイザーの講義を受けた。

 出前授業は、世界的.....
【ログインして続きを読む】