福住仁嶺
福住仁嶺
 スーパーフォーミュラ(SF)を運営する日本レースプロモーション(JRP)は4日、三重県の鈴鹿サーキットで6〜8日に行う合同&ルーキーテストの参加ドライバーを発表した。今季までホンダ陣営で戦った福住仁嶺(26)と大湯都史樹(25)が、ともにトヨタ陣営から参加するビッグサプライズ。来季シートに直結するわけではないが、移籍は間違いない状況だ。他にも、今季F2王者のテオ・プルシェール(20)=フランス、同ランク4位の岩佐歩夢(22)が走るなど、話題満載だ。

今季F2王者ら有力海外勢も参加

大湯都史樹
大湯都史樹
 今季終盤のパドックに渦巻いた「ホンダの若手有力選手がトヨタに移籍する」といううわさは本当だった。福住、大湯ともホンダの育成出身。ともにARTAから並行参戦するスーパーGTもトヨタ陣営への移籍は確実で、来季は勢力図が大きく変わりそうだ。

 参加するチームは、福住がKCMGで、大湯はセルモ・インギング。来季もこのまま収まるとは限らないが、何となくワクワクする顔触れになった。特にKCMGは小林可夢偉が7号車を担当し、もう1台をインパルで戦った関口雄飛と福住がシェアするかたち。最終的にどんなラインアップになるのか、思わず想像を巡らしてしまう。

 宮田莉朋がドライバーズ王者に就いたトムスは、これまでセルモ・インギングに在籍した坪井翔が走る。さらに今季終盤を戦った笹原右京、米IMSAのGTDクラスを制したベン・バーニコート、今季のスーパーフォーミュラ・ライツ(SFL)でランク9位のデビッド・ビターレスも乗り込む予定だ。

来季ラインアップは大シャッフル?!

岩佐歩夢
岩佐歩夢
 トヨタ陣営は、来週にも国内の主要ラインアップ発表を予定する。宮田と平川亮が海外レースに専念するためシリーズから離れるが、魅力的なドライバーが数多く加わりそうだ。

 2人が抜けたホンダ陣営には、今季のSFLを制した木村偉織と、同3位の小出峻がB―Maxから参加。同チームには今季のインディNXTランク3位のノーラン・シーゲルも加わり、テストながら来季をかけた火花が散りそうな気配だ。

 17歳の女子レーサー「Juju」こと野田樹潤の初挑戦が話題を呼ぶTGMには、F2優勝経験もある実力派の松下信治も参加。インディNXTなどに参戦したラスムス・リンドも乗り込む。ナカジマはレギュラーの佐藤蓮とスーパーサブの大津弘樹を軸に、最終2戦にTGMから急きょ参戦した大草りき、SFLランク4位のイゴール・オオムラ・フラガがラインアップした。

 トヨタ、ホンダとも来季の体制発表前とあって、この時点で交流サイト(SNS)などで意気込みを語るドライバーは皆無。水面下ではシビアな戦いが、既に始まっているようだ。