併催のF2第3戦は予選を行い、初のアゼルバイジャンとなるトライデントの佐藤万璃音は19番手だった。ハイテックのリアム・ローソンが1分54秒217でポールポジションを獲得した。