併催のF2第6戦が25、26日に行われ、トライデントの佐藤万璃音はレース1、3ともに14位だった。「前のクルマをなかなか抜けず、ポテンシャルを最大限に生かせなかった。最後はタイヤが終わってしまって苦しかった」。レース1はカーリンのダン・ティクトゥム、レース3はプレマのオスカー・ピアストリが優勝。.....
【ログインして続きを読む】