マツダは28日、同社初の電気自動車(EV)となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「MX−30」のEVモデル=写真=を発売した。1回の充電当たりの走行可能距離は約250キロで、日常の買い物などでの使用を想定した。メーカー希望小売価格は451万円から。既に発売済みのハイブリッドモデルよりボディーを強化し、乗り心地を高めた。前後ドアは観音開きで、スムーズに乗り降りできる。年間販売台数は500台を計画。