ツインリンクもてぎ(栃木県)は15日、今シーズンに向け、メインストレートを一望できるグランドスタンドの最上段、屋根下スペースに、グループ専用の観戦エリア「グランデッキ」(テーブル席)を新設すると発表した。3月20、21日に予定されるスーパー耐久開幕戦でオープンする。スタート&フィニッシュラインのほぼ正面で、大型ビジョンも見やすい。全20区間を設け、1区画(幅2・5メートル、奥行き3メートル)5人まで利用できるという。