世界の自動車業界に多大な貢献をした人物に贈られる「2021ワールド・カー・パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、トヨタ自動車の豊田章男社長=写真=が8日、受賞した。日本人が業界の「顔」に選ばれたのは18年の賞創設以来初めて。

 昨年1年間を対象に国際的に著名なジャーナリスト93人が投票で選出。新型コロナ禍でも黒字を維持し、世界中の雇用を守ったことが主な理由。次世代技術の実験都市「ウーブン・シティ」(静岡県裾野市)の進展も評価された。

 豊田社長は声明で「36万人のチームトヨタを代表し、心より感謝申し上げる。もし良ければ、この賞をカー・パーソンからカー・ピープルに変更したい」と喜び、従業員ら関係者全体での受賞と強調した。 (ニューヨーク共同)