米IMSAスポーツカー選手権の第2戦セブリング12時間が20日、フロリダ州のセブリングレースウェイで開かれ、開幕戦に続きキャデラックDPiで参戦した小林可夢偉が、レース終盤に存在感を見せた。

 クラス5番手でバトンを受けると、すぐに3番手まで浮上。2位でゴールしたマツダとバトルを続け、3番手で.....
【ログインして続きを読む】