鈴鹿8耐生みの親の父・璋美さんのDNA生かす
「戦いは年々厳しくなるが…望むところ」
今季のTSRのマシン「ホンダCBR1000RR−R」と藤井監督
今季のTSRのマシン「ホンダCBR1000RR−R」と藤井監督
 2021年のFIM世界耐久選手権(EWC)は日本勢に注目。「F.C.C. TSR Honda France」が引き続き参戦し、2017/18シーズン以来2度目の世界制覇を目指す。さらに、EWCタイトル16回を誇る古豪「Suzuki Endurance Racing Team(SERT)」がヨシムラとタッグを組んで新たに「YOSHIMURA SERT Motul」として参戦することになった。TSRの藤井正和監督、ヨシムラの加藤陽平監督が世界の舞台で激突。どちらが日の丸を掲げるか楽しみだ。

      ◇    ◇

 藤井正和監督の父は、元ホンダワークスライダーで、ホンダ国内チーム監督を務めた藤井璋美(てるよし)氏。鈴鹿サーキット建設時に、本田宗一郎の命を受けて鈴鹿に移住、鈴鹿の草創期を支えた。8時間耐久ロードレース初開催にも尽力し、ライダー、オフィシャルの育成にも力を発揮、日本のモーターサイクルを社会に根付かせた人物として知られている。

 藤井監督は、父の衣鉢を継ぎ、鈴鹿を拠点として全日本ロード、ロードレース世界選手権(WGP)にも参戦、上田昇、坂田和人、辻村猛らを送り込み数々の勝利を挙げた。鈴鹿8耐でも伊藤真一、秋吉耕佑、清成龍一、ジョナサン・レイらを擁して3勝を挙げて世界に名をとどろかせるも、欧州の耐久レースには縁がなかった。

 だが2015年、スポーツ専門放送局のユーロスポーツがEWCのプロモーターとなり、鈴鹿8耐を最終戦としてEWCを再編し、ライブ中継を始める。欧州のファンにとって世界のトップライダーが集結する鈴鹿8耐は憧れのレースだけに、その試みは大成功し、視聴率は、時差があるにも関わらず跳ね上がった。さらなるテコ入れとして、日本チームの参戦を強力にプッシュした。

 当然、藤井監督に声が掛かり、15年のボルドール24時間を視察したことがシリーズ参戦のきっかけに。EWCはベテランの監督が陣頭指揮を執って堂々と戦う姿が魅力のひとつ。藤井監督はレース現場をつぶさに見て、「世界一になれる可能性を感じた。そしてオレなんて、まだまだ若造だと思った」と、EWCの魅力に目覚め、「鈴鹿8耐を戦ってきた自分たちにはスピードがある。8×3をどう戦うかだ」と参戦を即決。すぐに準備にかかり、16年のルマン24時間を実現させたうえ、3位表彰台に上って関係者を驚かせた。

 その力はフロックではなく、TSRは16−17年シーズンをランキング4位と、トップチームに食い込む存在感を示す。翌17−18年シーズンには開幕戦ボルドール24時間で6位、ルマン24時間では優勝して日の丸を揚げた。第3戦スロバキアリンク8時間は3位だったが、オッシャースレーベン8時間で勝ち、ランキングトップで最終戦鈴鹿8耐を迎え、そこで5位に入ってシリーズチャンピオンを決めた。日本のチームとして初めてEWCを制し、年間表彰台の真ん中に立った。

 「鈴鹿の表彰台は格別なもの。鈴鹿で勝ちたい、結果を出したいと挑戦してきた。トップライダーをそろえたわけでもなく、マシンもチームも特別なものではない。それでも世界一になれるということを見せたかった。この結果を残せたのは日本のみんなが支えて後押ししてくれたから。鈴鹿に帰ってくれば、必ずチャンピオンになれると信じていた」と藤井監督が語ると、鈴鹿は大声援に包まれた。

 18−19年はボルドール24時間とオッシャースレーベン8時間で2勝を挙げてランキング2位になる。19−20年は開幕戦ボルドール24時間と第2戦セパン8時間は行われたが、新型コロナウイルスの影響でスケジュールが変更され、4月に予定されていた第3戦ルマン24時間は8月に延期され、無観客で開催された。いつもは一緒に戦うサプライヤーのスタッフ、タイヤ、サスペンション、ブレーキなどの担当スタッフは出張禁止で、現地に来ることができなかった。日本からのスタッフは藤井監督を含め3人。マシンはホンダの新型マシン「CBR1000RR─R」で参戦を決めた。

 ライバルも集まって、何とかシリーズが再開した。「そこには、戦わないという選択はなく、誰もが戦いのために集まっていた」と藤井監督は、今では家族のような信頼で結ばれている仲間たちとレースをリスタート。「待ち望んだ新型。誰よりも先にこのバイクでTSRが世界耐久を制したかった。日本で確認テストを行い、このマシンのポテンシャルを示したいと挑んだ。そして、勝つことができた」と、忘れることのできない勝利をルマン24時間で挙げることに成功。ホンダCBR1000RR─Rにとっても世界初勝利となった。

 来季はジョシュ・フック(オーストラリア)、マイク・ディメリオ(フランス)に高橋裕紀を起用することを発表した。

 「どこよりもしっかりとテストをするチームを目指す。そのために高橋の力が必要、日本と欧州で相互に高め戦闘力を上げる」と語った。

 藤井監督がEWCに持ち込んだスピードは、戦いのレベルを確実に上げている。鈴鹿8耐が「8時間のスプリントレース」と言われるように、昨今は24時間もスプリントレースに近い戦いになっている。来季はヨシムラがSERTとのコラボで参戦を開始するが、それについても「戦いは年々厳しくなる。だが、それも望むところ。一緒に盛り上げてEWCのレースの注目度を上げて行こう」とエールを送る。もちろん、来季藤井監督が狙うのは2度目の王座だ。
 ▼藤井正和(ふじい・まさかず)1960(昭和35)年1月31日生まれ、60歳。千葉県出身、三重県鈴鹿市在住。84年に家業を継ぐ。ロードレースの全日本、世界選手権に挑戦して勝利を挙げ、多くのライダー、メカニックを育てる。鈴鹿8耐は3勝(2006年伊藤真一/辻村猛、11年秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一、12年ジョナサン・レイ/秋吉耕佑/岡田忠之)。EWCには16年から参戦し、17−18年シーズンにシリーズチャンピオンに輝く。18−19年はランキング2位、19−20年は同3位。

 ▼藤井璋美(ふじい・てるよし)1929(昭和4)年〜2015(平成27)年。1959年にホンダワークスライダーとして第3回浅間火山レース優勝。62年ホンダ国内チーム監督。66年テクニカルスポーツ(TSRの前身)を設立。本田宗一郎のもと、鈴鹿サーキットの草創期を支えた。78年から始まった鈴鹿8耐の開催にも尽力し、ライダー、オフィシャルの育成などにも力を発揮、日本のモーターサイクルを社会に根付かせた。