琢磨の顔を見ながら、最後の仕上げをする彫刻家ベーレンズ氏(右)(松本浩明撮影)
琢磨の顔を見ながら、最後の仕上げをする彫刻家ベーレンズ氏(右)(松本浩明撮影)
 8月に行われたインディ500で2度目の優勝を飾ったレイホール・レターマン・ラニガンの佐藤琢磨は7日、歴代ウイナーの顔の彫刻が刻まれるボルグワーナートロフィーの制作に協力するため、3年ぶりに、米ノースカロライナ州トライオンにある彫刻家ウィリアム・ベーレンズ氏のアトリエを訪れた。

 実物大で作られ.....
【ログインして続きを読む】