インディカー特集
2017年のインディ500を制した佐藤琢磨(インディカー提供)
2017年のインディ500を制した佐藤琢磨(インディカー提供)
 世界3大レースの1つに数えられるインディ500も26日に決勝が開かれる。1911年に始まり、今年で103回目を迎える伝統の1戦だ。

 歴代勝者の中には唯一の日本人、佐藤琢磨(42)の名前が刻まれている。アンドレッティに所属していた2017年の第101回大会をアジア人として初制覇した。今季と同じレイホールだった12年には最終周にトップを走る選手を攻めてクラッシュしたが、挑戦した勇気を全米のファンがたたえたこともあった。

 参戦10年目となる今季も、第3戦(4月7日)でポールtoウインを決めてシリーズ通算4勝目を挙げる好調ぶり。琢磨も「インディ500の前に勝てて良いムードになった」と話している。

 昨季限りでF1を退いたフェルナンド・アロンソ(37)=スペイン=も2度目の挑戦を果たす。F1モナコGPで2勝を挙げ、ルマン24時間も昨年制した。目標の3大レース制覇に向け、残るピースを埋めにいく。