GTチャレンジ開幕戦「バサースト12時間」
クラッシュ車両を修復するKCMGのメカニックら(松田次生のツイッターから)
クラッシュ車両を修復するKCMGのメカニックら(松田次生のツイッターから)
 インターコンチネンタルGTチャレンジ開幕戦「バサースト12時間」(2月2日決勝)にエントリーしていたKCMGの35号車が出場を断念した。メンバーの一人だった千代勝正が自身のツイッターで「FP1でのジョシュ選手のクラッシュ後、マシンのダメージが大きく、残念ながらリタイアを決断しました」と報告した。.....
【ログインして続きを読む】