スーパーフォーミュラライツの第2大会(26、27日決勝)に向けたシリーズ主催の専有走行が24日、岡山県の岡山国際サーキットで12台が参加して開かれ、トムスの宮田莉朋が1分21秒687の最速タイムを記録した。僅差の2番手にB−Maxの阪口晴南が続き、3番手はRSファインの河野駿佑。53歳で挑むB−.....
【ログインして続きを読む】