第1ヒート22位
レースデビューした無良さん。ヘルメットにはスケート靴のブレードを模したデザインが(鶴田真也撮影)
レースデビューした無良さん。ヘルメットにはスケート靴のブレードを模したデザインが(鶴田真也撮影)
 昨年3月にフィギュアスケート選手を引退した無良崇人さん(28)が18日、ワンメークの86/BRZレース第3戦でレースデビューを果たした。宮城県のスポーツランドSUGOで開かれたクラブマンシリーズのオープンクラス(出走24台)に初エントリー。第1ヒートを22位でゴールした。

 「完走できたし、レースをしたという実感が沸いた。ここが難しいコースだということは分かっていたけど、トリッキーなコースで乗っていて面白かった」

 現役時代からモータースポーツへの関心が強く、昨年8月にはスーパーGTのテレビ番組に、レースでは1年先輩にあたる同じフィギュア出身の小塚崇彦さん(30)と共演。自身もレースデビューしたい意向を示していた。

 86/BRZレースに出走できる国内Aライセンスを取得したのは今年4月。そこから富士スピードウェイ(静岡)にも5回近く足を運んで走行練習を重ね、この日を迎えた。19日の第2ヒートは規定で22番グリッドだった。

  (鶴田真也)
デビュー戦の第1ヒートを22位でゴールした無良さん=宮城・スポーツランドSUGOで(鶴田真也撮影)
デビュー戦の第1ヒートを22位でゴールした無良さん=宮城・スポーツランドSUGOで(鶴田真也撮影)