生徒たちの質問に答える(左から)角田、岩佐、琢磨校長(松本浩明撮影)
生徒たちの質問に答える(左から)角田、岩佐、琢磨校長(松本浩明撮影)
 岩佐も後方から追い上げて3位フィニッシュ。ゴール後すぐに角田の元へ向かい、先輩のカートをグラベルから助け出す気配りを見せた。

 2季目のF2をランク4位で終えると、閉幕直後の公式テストで初めてF1マシンに乗り、「異次元のスピードを楽しんだ」。海外参戦は4年間でいったん休止し、来季は国内に復帰。レッドブル育成の立場で、スーパーフォーミュラ(SF)に無限から参戦する。

 「(2021、22年に連覇した)野尻(智紀)さんもいるし、無限は間違いなく良いチーム。オフのテストからしっかり自信をつけて、開幕戦を勝ってチャンピオンを狙いたい」

 3日のサンクスデーでは早くも、来季の同僚と共演。岩佐がSF23を、野尻がレッドブルF1のRB16Bを駆るコラボランが予定されている。