今年も最終戦で決着、勝田が僅差で4連覇
13年シーズン回顧
チャンピオンをアピールする勝田(左)とナビの足立さやか(JRCA提供)
チャンピオンをアピールする勝田(左)とナビの足立さやか(JRCA提供)
 全日本ラリー選手権(JRC)は、今年も終わってみればメーンのJN4クラスで勝田範彦(スバル・インプレッサ)と奴田原文雄(三菱ランサー)の“K&N”2強対決が展開された。結果は勝田の4年連続チャンピオンとなったが、今年も僅差の大接戦だった。激戦を振り返ってみよう。(JRCA)

   ◇   ◇ .....
【ログインして続きを読む】