全日本、世界王者を育てたい〜3選手がヤマハを初ライド
秋ケ瀬で発表会開催
発足したチーム・ノリック・ジュニア。ノリック監督と(前列左から)近藤、山田、野左根くん(カメラ=遠藤智)
発足したチーム・ノリック・ジュニア。ノリック監督と(前列左から)近藤、山田、野左根くん(カメラ=遠藤智)
 ノリックこと阿部典史がチーム監督を務める「TEAM NORICK JR」(チーム・ノリック・ジュニア)の発表会が28日、埼玉県さいたま市の「サーキット秋ケ瀬」で行われた。

 同チームは「ノリックと親子でバイク教室」の実践の場とし、関東地区のミニバイクレースに出場する。ライダーは近藤湧也(こんどう・ゆうや13歳)、野左根功汰(のざね・こうた10歳)、山田誓己(やまだ・せな11歳)くんで、3選手はヤマハTZR50Mをこの日初ライドし、健闘を誓った。

 ノリック監督は「秋ケ瀬は僕の出発点。今年は20戦ほど予定し、日本にいる時はレース場に行くし、一緒に練習もする。皆には成績はもちろんライダー、人間として成長してもらいたい。指導することで、僕にもプラスになる。将来的に、全日本、世界王者を目指す選手を育てたい」と、熱い意気込みを語っていた。(遠藤智)