大治郎カップ開幕戦
74Daijiroの表彰式。大和颯君(後列中央)が初優勝(大治郎カップ提供)
74Daijiroの表彰式。大和颯君(後列中央)が初優勝(大治郎カップ提供)
 故加藤大治郎さんが未来のGPライダー誕生を願って03年に始めたポケットバイクレース「大治郎カップ」の開幕戦が3月31日、埼玉県・サーキット秋ヶ瀬で行われた。

 オリジナルポケットバイクによる74Daijiroクラスは予選はウエットだったが決勝はドライ。ポールポジション(PP)を獲得した大和颯(しゅう、9)は、好スタートを決めて横田侑季(10)と、川崎祥吾(10)との激しいトップ争いを制して初優勝を飾った。横田、川崎が2、3位。五十嵐翔希(しょうき、10)が4位、女子ライダーの山岸美舞(みぶ、8)が5位。宮城県から遠征してきた入間川春璃(しゅり、12)が6位だった。

 第2戦は5月5日に開催される。