独走状態で勝った松山遥希(佐藤洋美撮影)
独走状態で勝った松山遥希(佐藤洋美撮影)
 ポケットバイクレース「大治郎カップ」第3戦が26日、さいたま市のサーキット秋ヶ瀬で行われ、メインの74Daijiroクラスは7台が出走し、松山遥希(はるき)(11)が雨の路面を攻めて独走優勝。前戦に続き今季2勝目を飾った。

 松山は千葉県佐倉市立千代田小5年。新型コロナで5月開催予定だった2戦が中止となり「家ではレースのゲームをしていたが、やっぱり本物のレースが楽しい」と笑顔を見せた。大治郎カップは次の第4戦(9月20日決勝)でシーズン終了。「最後も勝ってチャンピオンになり、来年はミニバイクに上がる」と誓った。(佐藤洋美)