コロナ禍の仏 楽観できない状況
今年のルマン24時間を辞退した「SRT41」。前列左から青木拓磨、フレデリック・ソーセ代表(takuma−gp提供)
今年のルマン24時間を辞退した「SRT41」。前列左から青木拓磨、フレデリック・ソーセ代表(takuma−gp提供)
 車いすドライバーの青木拓磨(46)が所属する「SRT41」は13日、特別推薦枠のガレージ56での参戦を決めていた仏ルマン24時間レース(9月19〜20日決勝)への出場辞退を発表した。

 新型コロナが猛威を振るう中、フレデリック・ソーセ代表は「フランス国内で外出制限の措置が続き、混乱した状況で過.....
【ログインして続きを読む】