トヨタ7号車は練習走行2回目に最速タイムを記録(トヨタ提供)
トヨタ7号車は練習走行2回目に最速タイムを記録(トヨタ提供)
 世界耐久選手権の最終戦(第8戦)は12、13の両日、バーレーンサーキットで練習走行を行い、選手部門のランキング2位につけるトヨタガズーレーシングの7号車(小林可夢偉組)が2回目で最速タイムを記録した。2番手は同僚でランク首位の8号車(中嶋一貴組)。最高峰LMP1クラスはトヨタ2台しかエントリーし.....
【ログインして続きを読む】