世界耐久選手権は21日、全33台の今季エントリーリストを発表した。最高峰クラスはLMP1に代わってハイパーカーとなり、トヨタガズーレーシング(TGR)が2台の新型車GR010HYBRIDをエントリーし、アルピーヌ1台、グリッケンハウス2台の計5台で争われる。LMP2クラスは11台、LMGTEプロ.....
【ログインして続きを読む】