今季初優勝を喜ぶトヨタ7号車の(左から)小林可夢偉、コンウェイ、ロペス(トヨタ提供)
今季初優勝を喜ぶトヨタ7号車の(左から)小林可夢偉、コンウェイ、ロペス(トヨタ提供)
 世界耐久選手権の第3戦「モンツァ6時間」が18日、伊モンツァサーキットで開かれ、小林可夢偉らが乗り込むトヨタガズーレーシングの7号車が今季初勝利を挙げチームとして開幕3連勝を飾った。ただ、総合33位(クラス4位)に終わった同僚の8号車も含め、今季導入でまだ熟成段階のハイパーカー「GR010HYB.....
【ログインして続きを読む】