ナンバーワンポーズでルマンのポールを喜ぶ可夢偉(トヨタ提供)
ナンバーワンポーズでルマンのポールを喜ぶ可夢偉(トヨタ提供)
 トヨタガズーレーシング(TGR)の7号車に乗る小林可夢偉(34)が、最終予選のハイパーポールで圧巻の最速タイムを刻み、ルマン史上最多まであと一つに迫る通算4度目のポールポジション(PP)を獲得した。TGRは5年連続7度目のPP。2番手にも8号車を駆るブレンドン・ハートレー(31)=ニュージーラン.....
【ログインして続きを読む】