可夢偉の7号車(左)と一貴の8号車がランデブーでチェッカーを受ける(AP)
可夢偉の7号車(左)と一貴の8号車がランデブーでチェッカーを受ける(AP)
 トヨタガズーレーシングの7号車に乗り込んだ小林可夢偉(34)が371周を走り抜き、待望のルマン初制覇を果たした。2周遅れの2位には中嶋一貴(36)が乗り込んだ8号車が続き、今季からのハイパーカー「GR010HYBRID」のルマンデビュー戦をワンツーで飾った。トヨタは4連覇を達成。ゴール直後からあ.....
【ログインして続きを読む】