ルマン優勝の重みをかみしめる可夢偉(田村尚之撮影)
ルマン優勝の重みをかみしめる可夢偉(田村尚之撮影)
 トヨタガズーレーシングの7号車に乗り、仏ルマン24時間レース(21―22日)で初勝利を挙げた小林可夢偉(34)が27日、リモート取材に応じ、時間の経過とともに優勝の重みを実感していることを明かした。レース終盤に見舞われた燃料系トラブルは、一歩間違えば優勝を逃す難しい状況だったが、中嶋一貴(36).....
【ログインして続きを読む】