トップ10を惜しくも逃した角田裕毅
トップ10を惜しくも逃した角田裕毅
 F3世界一を決める第66回マカオGPは17日、マカオの市街地サーキットで決勝が行われ、日本人として唯一出場したハイテックの角田裕毅(19)は11位に終わった。16番グリッドから順位を上げたものの、予選が不発に終わったことが最後まで響いた。

 「しょっぱいレースをしてしまった。無駄に抜かれてしま.....
【ログインして続きを読む】