非難声明を発表
カップシリーズ第12戦の前に敬礼して米国歌を聴くウォレス(AP)<br />
カップシリーズ第12戦の前に敬礼して米国歌を聴くウォレス(AP)
 NASCARのカップシリーズ第13戦が行われているタラデガスピードウェイ(米アラバマ州)で、シリーズ唯一の黒人レギュラードライバー、ババ・ウォレス(26)の所属チームのガレージから絞首刑用の縄が見つかった。この縄は黒人差別の象徴であるため、NASCARは非難声明を発表。21日にAP通信などが報じ.....
【ログインして続きを読む】