NASCARの黒人ドライバー、ババ・ウォレス(26)が使っていたガレージで首つり縄が見つかったとされた問題で、米連邦捜査局(FBI)は23日、同選手への憎悪犯罪(ヘイトクライム)はなかったと発表した。複数の米メディアが伝えた。

 NASCARの声明によると、FBIはアラバマ州タラデガのレース場.....
【ログインして続きを読む】