祭壇にはサーキットが再現され、参列者が岩崎哲朗さんとの別れを惜しんだ(佐藤洋美撮影)
祭壇にはサーキットが再現され、参列者が岩崎哲朗さんとの別れを惜しんだ(佐藤洋美撮影)
 全日本ロードレース選手権開幕戦(10日、宮城県・スポーツランドSUGO)でST1000クラスの決勝レース中に転倒事故死したセミプロライダー岩崎哲朗さん(43)の告別式が18日、栃木県日光市内で行われ、前日の通夜を含めて約1300人が参列した。

 サーキットを再現した祭壇にはつなぎ姿で笑顔の遺影.....
【ログインして続きを読む】