アジアロードレース選手権(ARRC)の伊藤勇樹(ヤマハ)が、全日本ロードレース選手権最終戦(11月1日決勝、鈴鹿)のST1000クラスにスポット参戦することが2日、明らかになった。ARRC開幕戦で初優勝を飾ったが、その後は新型コロナ禍でシーズン中止。出場を予定していた鈴鹿8時間耐久も中止となった.....
【ログインして続きを読む】