YAMAHAのワンツー逆転。3位は水野涼
全日本ロードレース選手権第3戦・決勝レース1
JSB1000決勝レース1/初優勝した岡本裕生 (C)MFJ PROMOTION
JSB1000決勝レース1/初優勝した岡本裕生 (C)MFJ PROMOTION
 オートバイの全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦第1日は20日、宮城県のスポーツランドSUGOで行われ、最高峰JSB1000クラスの決勝レース1は岡本裕生(YAMAHA2)が初優勝。通算27連勝を続けてきた中須賀克行(YAMAHA)をついにストップ。今季ここまで続いていたYAMAHAのワンツーも逆転した。3位は水野涼(Astemo Honda)。4戦連続3位だった名越哲平(SDG Honda)は6位に終わった。
 JSB1000参戦2年目の若武者がやってのけた。序盤こそ中須賀に2秒以上の差をつけられたが、残り3周でオーバーテイクすると、最後は逆に3秒9の差をつける圧巻レースを見せた。岡本の連勝がかかる決勝レース2は明日開催される。(共同通信デジタル)