左から桜井賢一、青田魁、伊藤元春、岡部信之監督、鈴木光来、荒川晃大、松川泰宏(佐藤洋美撮影)
左から桜井賢一、青田魁、伊藤元春、岡部信之監督、鈴木光来、荒川晃大、松川泰宏(佐藤洋美撮影)
 全日本ロードに参戦する「モトバムレーシング」は16日、来季の参戦体制を発表し、今季と同じ6選手で臨むことを明かした。ST1000クラスは今季ランク2位の荒川晃大、ST600からステップアップする伊藤元治と、ベテランの松川泰宏。荒川は「来季は自分の力を示してタイトルを狙う」と力を込めた。ST600は鈴木光来と青田魁、櫻井賢一。岡部信之監督は「悔いのない戦いができるよう支えたい」とサポートを誓った。 (佐藤洋美)
荒川晃大(佐藤洋美撮影)
荒川晃大(佐藤洋美撮影)