CNF仲間、スバルの中村知美社長(中)と握手するモリゾウ
CNF仲間、スバルの中村知美社長(中)と握手するモリゾウ
 トヨタ自動車が開発の水素エンジンを搭載するルーキーレーシングのカローラH2は、9度もピットインを強いられながらも、無事に完走。カーボンニュートラルフューエル(CNF)で戦うGR86と一緒にチェッカーを受けた。

 ゴール役を務めたモリゾウこと豊田章男トヨタ社長は、チームやメーカーの垣根を越え、脱.....
【ログインして続きを読む】