一時はNDDPを従えてトップを快走したニスモは、3回ピット戦略が裏目に出て、2位に終わった。後半を担当した松田は、30秒以上あった差を9秒余りまで追い上げたところでゴール。「悔しいレースになった。(ピットイン)1回のタイミングが命取りになった」と、じだんだを踏んだ。

 コース上の混乱で速度規制.....
【ログインして続きを読む】