表彰台でトロフィーを掲げるインギングの加藤(左)と堤
表彰台でトロフィーを掲げるインギングの加藤(左)と堤
 ムータインギングも2回目のピットインを遅らせた作戦が決まり、誰も予想だにしていなかった勝利をもぎ取った。

 チームを引っ張る大ベテランの加藤は「言葉がない。取りあえずホッとした」と神妙な面持ち。今季導入したGR86との相性がいまひとつで、乗り方を変えるなど苦労してきた。それが、「徐々に感触はつ.....
【ログインして続きを読む】