表彰台で優勝を喜ぶヨシムラSERTモチュールの(前列左から)シメオン、ブラック、ギントーリ、(後列左から)ソルニエ・マネジャー、加藤陽平ディレクター(スズキ提供)
表彰台で優勝を喜ぶヨシムラSERTモチュールの(前列左から)シメオン、ブラック、ギントーリ、(後列左から)ソルニエ・マネジャー、加藤陽平ディレクター(スズキ提供)
 2輪の世界耐久選手権(EWC)開幕戦「第44回ルマン24時間」の決勝が12〜13日、ブガッティサーキット(仏ルマン)で無観客レースとして行われ、「ヨシムラSERTモチュール」(スズキGSX─R1000R)が2位に8周の大差をつけて圧勝した。

 同チームは、日本を代表するエンジンチューナー「ヨシ.....
【ログインして続きを読む】