チャンピオントロフィーを掲げるヨシムラSERTの(左から)シメオン、加藤TD、ブラック、ギントーリ(スズキ提供)
チャンピオントロフィーを掲げるヨシムラSERTの(左から)シメオン、加藤TD、ブラック、ギントーリ(スズキ提供)
 2輪の世界耐久選手権(EWC)第4(最終)戦「モスト6時間」が9日、チェコのモストサーキットで行われ、スズキワークスの「ヨシムラSERTモチュール」が3位に入り、初のチャンピオンに輝いた。

 フランスの強豪「スズキ耐久レーシングチーム(SERT)」と、日本のヨシムラジャパンが今季初めて提携した.....
【ログインして続きを読む】