今季の世界耐久選手権にフル参戦、ルマン24時間でいよいよ始動
吉村家3代が一緒に収まった貴重な1枚。父(左)に抱かれているのが幼いころの加藤TD。右が祖父ポップ吉村
吉村家3代が一緒に収まった貴重な1枚。父(左)に抱かれているのが幼いころの加藤TD。右が祖父ポップ吉村
 2輪耐久レースの世界最高峰「FIM世界耐久選手権(EWC)」は今季、新型コロナウイルスでスケジュールが遅れたが、「ルマン24時間レース」(12〜13日決勝)でようやく開幕を迎える。最大の話題は、日本を代表するエンジンチューナー「ヨシムラ」のフル参戦。それもEWC最強チーム「スズキ耐久レーシングチーム(SERT)」とタッグを組んだスーパーチーム「ヨシムラSERTモチュール」としてグリッドに付くことだ。

  ◇ ◇

日仏の名門2チームがタッグ

“ポップ”から続く系譜、いざ戦いの舞台はEWCへ

日仏合同のヨシムラSERTモチュールがいよいよ始動。スズキのGSX−R1000Rと(左から)加藤TD、シメオン、ギントーリ、ブラック、ソルニエTM
日仏合同のヨシムラSERTモチュールがいよいよ始動。スズキのGSX−R1000Rと(左から)加藤TD、シメオン、ギントーリ、ブラック、ソルニエTM
 「ヨシムラSERTモチュール」の誕生は秘密裡に進められ、昨年の全日本ロードレース最終戦(鈴鹿)で発表されて世界のレース関係者に衝撃を与えた。そのリモート会見では、ヨシムラの加藤陽平チームディレクター(TD)、SERTのダミアン・ソルニエ・チームマネージャー(TM)の2人が日仏混合チームの指揮を執ることが正式にアナウンスされた。

 このビッグチーム誕生にあたって、EWCプロモーターで、ユーロスポーツのイベント責任者でもあるフランソワ・リベイロ氏は「2015年にFIM EWCのプロモーターに就任して以来、私たちは、フランスと日本という2輪耐久レースの2大国の間で新しい絆を築いてきました。成功を収めた日仏の2つのチームが協力し合い、スズキの新ワークスチームを創立し、それを発表できた素晴らしい日となりました。ようこそ、ヨシムラSERTモチュール! このチームはFIM EWCをより高いレベルに導く新たな指標となるでしょう」と高らかに語った。

 ヨシムラは鈴鹿8時間耐久ロードレースに第1回から参戦してきた老舗。巨大メーカーのホンダに町工場のヨシムラが戦いを挑んで勝利したことで鈴鹿8耐人気を高め、熱狂的なファンを獲得した。その後も、鈴鹿8耐参戦はヨシムラの柱になっている。創業者は、エンジンチューニングで「神の手を持つ」とたたえられた“ポップ”こと吉村秀雄氏。その息子の不二雄氏が2代目を受け継ぎ、孫の加藤陽平氏が3代目としてチームを率いている。

 不二雄氏は「スズキのバイクで1977年にアメリカスーパーバイクのラグナセカで勝ち、78年の第1回鈴鹿8耐で優勝。それ以来、スズキのマシンでレースの歴史を築いてきた。SERTのドミニク・メリアン前監督は、2019年に引退するまで、ともにスズキのマシンで戦う良き仲間だった。新たなスタートを切ったSERTと、3代目の加藤がともにEWCタイトルを目指すことをうれしく思う」と、このプロジェクトを歓迎した。

 SERTのメリアン前監督はEWCで15回ものタイトルを獲得したレジェンドだったが、19年の鈴鹿8耐を最後に引退。その後を引き継いだのがソルニエTMだ。同監督は「吉村氏の直系の孫である加藤氏は、チューニングのスペシャリストであり、2020年にはSERTの16回目の世界タイトルに貢献してもらいました。すでに成果を挙げており、われわれの過去と未来の密接な関係が築かれています」と強い絆をアピールした。

 注目のライダーラインアップは、昨年の覇者のグレッグ・ブラック(32)=フランス=を筆頭に、シルバン・ギントーリ(38)=同、ザビエル・シメオン(31)=ベルギーと渡辺一樹(30)の4人だ。

 ギントーリは14年のスーパーバイク世界選手権チャンピオンで、スズキのモトGPのテストライダーとして知られている。10年にドーハ8時間耐久にSERTから参戦して優勝を飾り、近年ではヨシムラから鈴鹿8耐に3回出場した、日本でもおなじみのライダー。EWCフル参戦は初となるが、「開発テストでは得られない、何か熱いものが込み上げてくる。SERTとヨシムラがそろい、パズルのすべてのピースがうまく埋まった感じがする」と手応えを強調する。

 加藤TDは「この挑戦のために、SERT、スズキと話し合い、調整を重ねてきました。マシンのすべてを見直し、耐久で起こる可能性のあるアクシデントに、すぐに対応できるように、交換しやすいパーツ、さらに壊れないように耐久性の向上を図りました。エンジンについても、ハイレベルで耐久性を持ったものを目指して、何度もテストを重ねました。その成果は、これまでのテストでのライダーたちからのポジティブなコメントで確認できています」と胸を張る。

 現地時間12日正午に、フランスのブガッティサーキットでスタートを切る第44回ルマン24時間には50台がエントリー。あいにく無観客のレースになるが、世界の2輪ファンが注視するなか、「ヨシムラSERTモチュール」がデビューを飾る。

 ▼加藤陽平(かとう・ようへい)1975(昭和50)年11月19日生まれ、45歳。神奈川県出身。ヨシムラ創業者の吉村秀雄氏が祖父、次女の由美子さんが母。吉村不二雄氏は叔父。6歳の時、ライダーだった父の加藤昇平氏がテストコースで死去。祖父母からの愛情を受け、野球少年として育ち、レースの世界に足を踏み入れたのは大学生のころ。2002年にヨシムラ入社。07年のレースチームの監督に就任し、同年鈴鹿8耐で27年ぶりに優勝。09年も制した。この実績を引っ提げて今季はEWCに参戦する。
テストに実戦に大活躍のベテラン・ギントーリ
テストに実戦に大活躍のベテラン・ギントーリ
 EWC人気が上昇している。2019─20年シーズンはコロナのためスケジュールが大幅に変更されたにも関わらず、リーチ数(広告を見たユーザーの数)と視聴者数が増加した。

 レースの配信は世界209カ国に拡大された。国際放送も20局に増え、そのうち8局は各大陸でライブ中継を行った。

 それにより、予定より1戦少ない全4戦にもかかわらず、放送時間の合計は14%増加、視聴者数は4%増加の1億5870万人を超えた(ニールセン・スポーツ調べ)。

 デジタル配信のリーチ数も3倍近くになり、視聴者数も増加。デジタルメディアでの視聴率トップ10の国の中にはアジアの2カ国が含まれ、トップ3はフランス、イギリス、日本だった。(出典=Melwater)

Dream Team Yoshimur SERT Motul Started!!

※ここからは英訳した文章を記載します

■Challenge Endurance World Championship (EWC)
First Race, Le Mans 24H

Although the FIM World Endurance Championship (EWC), the world’s highest endurance two-wheel race, was delayed due to the novel coronavirus, the 24 Hour Le Mans Race (final 12 to 13, Jun.) will finally get underway. The biggest topic is the full participation of Japan’s leading engine tuner Yoshimura. They will join the EWC powerhouse Suzuki Endurance Racing Team (SERT) as the superteam YOSHIMURA SERT MOTUL.

■Two prestigious teams from Japan and France are teaming up.
Lineage continuing from ”Pop”

The birth of ”Yoshimura SERT Motul” was kept secret and shocked the racing world when it was announced at the final round of the All Japan Road Race (Suzuka) last year. At the remote press conference, it was officially announced that Yohei Kato, Team Director (TD) of Yoshimura, and Damien Saulnier Team Manager (TM) of SERT would lead the mixed French/Japanese team.

”Since becoming the promoter of the FIM EWC in 2015, we have built a new bond between France and Japan, the two giants of the two-wheel endurance race. It was a wonderful day that two successful teams from Japan and France worked together to establish and announce Suzuki’s new work team. Welcome, Yoshimura SERT Motul! This team will be a new indicator that will lead the FIM EWC to a higher level.” said Francois Ribeiro, EWC promoter and event manager for Eurosport Events, who helped create the big team.

Yoshimura has been participating in the Suzuka 8 Hour Endurance Road Race since the first race. Yoshimura’s victory in a small factory battle against the giant Honda Motor Co. boosted the Suzuka 8H’s popularity and won enthusiastic fans. After that, the Suzuka 8H Endurance challenge became the pillar of Yoshimura. The founder, Yoshimura Hideo, was praised as ”having the hand of God” in engine tuning. His son Fujio succeeded the second generation and his grandson Yohei Kato led the team as the third generation. Fujio welcomed the project, saying, ”In 1977, Suzuki won the US Superbike Ragnaseca, and in 1978 won the 1st Suzuka 8 H. Since then, Suzuki has built a history of racing with its machines. SERT’s former manager, Dominique Meliand, was a good fellow to fight with Suzuki until his retirement in 2019. I’m glad SERT made a new start and Kato, the third generation, are both aiming for the EWC title.”

SERT’s former manager Meliand was a legend who won 15 titles at the EWC but retired in 2019 after his last stint at Suzuka 8H. It was followed by Saulnier TM. ”A direct grandson of Yoshimura, Kato was a tuning specialist who contributed to SERT’s 16th world title in 2020. We’ve done well, and we’ve built a close relationship between our past and our future.” he said, showing his strong bond.

■Black and the Elites

The hottest riders in the lineup are last year’s champion Gregg Black (32) of France, Sylvain Guintoli (38) of France, and Xavier Simeon (31) of Belgium and Kazuki Watanabe (30). Guintoli won the Superbike World Championship in 2014 and is known as a test rider at Suzuki’s Moto GP. In 2010, he won the championship by joining SERT in Doha 8H endurance race, and in recent years, he participated 3 times in Suzuka 8H from Yoshimura, a rider familiar in Japan. ”There’s something hot that you can’t get from development testing. SERT and Yoshimura get together, and it feels like all the pieces of the puzzle are well filled.” he said.
■Team Director Kato, I’m Absolutely Confident in the Finish of the Machine

”For this challenge, I have discussed with SERT and Suzuki and made adjustments. All of the machines have been reworked to improve the durability of parts that are easy to replace and not to break, so that they can respond quickly to accidents that can occur with durability. The engine was also tested many times to achieve a high level of durability. The results have been confirmed by positive comments from riders in previous tests.” Kato said.

At noon local time on the 12th, 50 cars entered the 44th Le Mans 24 Hours starting at the Bugatti Circuit in France. Unfortunately, there will be no spectators in the race, but ”Yoshimura SERT Motul” will make its debut with two-wheelers around the world watching.

■The Popularity is Increasing Even in the Corona Disaster!! More Than 158.7 Million Viewers

The popularity of EWC is on the rise. The 2019?2020 season saw growth in reach and audience despite a major schedule shift due to the coronavirus.
The race has been streamed to 209 countries. The number of international broadcasting stations also increased to 20, of which 8 broadcasted live on each continent.

As a result, the total broadcast time increased by 14% and the number of viewers increased by 4% to more than 158.7 million (according to Nielsen Sports).

The reach of digital streaming has nearly tripled and the number of viewers has increased. The top 10 countries for digital media viewership included 2 Asian countries, with the top 3 being France, the UK and Japan. (Source: Melwater)


▼Yohei Kato

Born on November 19, 1975 (Showa Era 50), age 45. He was born in Kanagawa Prefecture. Yoshimura founder Hideo Yoshimura is his grandfather and his second daughter Yumiko is his mother. Fujio Yoshimura was his uncle. His father, Shohei Kato, who was a rider, died on the test course, Yohei at the age of 6. He received love from his grandparents, grew up as a baseball boy, and entered the racing world when he was a university student. Joined Yoshimura in 2002. He became the manager of the race team in 2007, and won the Suzuka 8H for after 27 years. Won year 2009. With this achievement, he will participate in the EWC this season.