エストリル12時間快勝も残り3戦で苦戦
エストリル12時間を勝って喜ぶTSRの(左から)ディメリオ、藤井監督、フック、高橋 (C)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
エストリル12時間を勝って喜ぶTSRの(左から)ディメリオ、藤井監督、フック、高橋 (C)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
 2輪の世界耐久選手権(EWC)で2017─18年シーズンを制した強豪「F.C.C. TSR Honda France(以下、TSRホンダフランス)」は、今季もタイトル候補の最右翼として参戦。藤井正和監督(61)は、日本のファンが願った日本人の高橋裕紀(37)を起用して注目を浴びた。だが、第2戦エストリル12時間を制したものの、残り3戦は苦戦し、最終ランキングは5位に終わった。この苦い経験を糧に、早くも来季のV奪回へシフトチェンジしている。
モスト6時間を戦う高橋 (C)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
モスト6時間を戦う高橋 (C)TSR/TECHNICAL SPORTS RACING
 EWCのトップチームとなったTSRホンダフランスが高橋裕紀を起用することになって、日本でのEWCへの関心が一気に高まった。もちろん、ファンの願いを聞き届けたというだけでなく、藤井監督の狙いはもう一つあった。

 新型コロナウイルスの影響でEWCの開催スケジュールが変更され、テスト状況も変化した。海外の行き来ができないため、チームの地元の鈴鹿サーキットを拠点に、新型の「Honda CBR1000RR─R Fireblade SP」(TSR─EWC耐久仕様)のテストをする任務が高橋には与えられた。元モトGPライダーで、全日本ロードST1000クラスの初代チャンピオン(2020年)の実績を持つ高橋の起用は、チームの新たな戦力と魅力になった。

 高橋はレギュラーのジョシュ・フック(28)=オーストラリア=とマイク・ディメリオ(31)=フランス=とともに耐久レースに初参戦。「自分の人生のなかで、最後に努力次第でチャンピオンになれる可能性がある」と意気込んでいた。

 開幕戦ルマン24時間耐久は予選6番手から決勝では3番手をキープ。ライバルの脱落もあって2番手に浮上するものの、トラブルで30分のピット作業を余儀なくされ、6番手に後退。さらに転倒もあって9位でチェッカーとなった。

 初の24時間の戦いを終えた高橋は「鈴鹿8耐までは経験があるが、24時間レースは未知の体験で、最初は非常に緊張した。チームが狙っていた昨年に続く優勝はできなかったが、走り切ることができて、世界耐久の戦い方を知り、大きな魅力を感じた」と振り返った。

 藤井監督は「レースをした実感、手応え、醍醐味(だいごみ)を非常に感じてくれたといえる。それは、今回ここまでくるだけでもどれほどの労力が必要だったか、マシンをつくり上げることもそうだし、パンデミック(世界的大流行)の中、物理的な距離を乗り越えることだけでも大変で、とにかくさまざまなものを乗り越えてきたという思いが今更ながら心に湧いてくる」としみじみ。

 そして、TSRホンダフランスの力が発揮されたのは、第2戦エストリル12時間だ。強く冷たい風が吹き荒れたエストリル地方だったが、週末に入って風が収まると気温は30度を超え、路面温度55度以上という、鈴鹿8耐さながらの酷暑の耐久レースとなった。タイヤマネジメントが難しい戦いになり、次々とクラッシュが発生、セーフティーカー(SC)も何度か導入されるサバイバルレース。終盤はピットストップ回数が鍵を握る神経戦の突入。そんななか、高橋が首位に立ち、最後のスティントをフックが時速329・3キロの最高速をマークしながらしっかり走り切り、見事1位でチェッカーを受けた。ライダーも頑張ったが、何より藤井監督の手腕でルマン24時間の雪辱を果たし、表彰台では日の丸を背に君が代が流れた。ランキングも2位に浮上した。

 だが、第3戦ボルドール24時間は、追い上げの最中にトラブルが発生してリタイア。ライバル勢の脱落もあってランキングは3位にとどまったが、逆転タイトルの望みは消えた。そして最終戦モスト6時間もリタイアを喫し、ランキングは5位でシーズンを終えた。

 来季のカレンダーはまだ発表されていないが、スパフランコルシャン(ベルギー)が加わることが発表され、ルマン、ボルドール、スパと3つの24時間という過酷な戦いになる。

 これを見越して、TSRホンダフランスはすでにスパでテストを敢行。スポーツ走行枠を利用したものではあるが、高低差が激しく、難易度の高い高速コーナーが連続するスパフランコルシャンを2日間、3人のライダーが走った。

 高橋は「衝撃的だったのは、やはりスパの代名詞とも言えるオールージュ。高速で切り返しつつ急勾配を上って行く映像はF1でも見ていたが、バイクで実際に走ると左右はもちろん、“縦”にかかるGをものすごく感じた。世界各国でいろんなサーキットを走ってきたが、スパのオールージュは別格だと思う。ものすごくスリリングなコーナーだ。加えて、7キロに及ぶ全長も、これまた過去に経験のない長さ。攻略は難しそうだが、難しいほど楽しくなるので、この2日間のテストはすごく充実した時間になった」と興奮気味に語った。

 藤井監督は「今われわれが見据えているのは、今年の悪かった部分を改善し、再度チャレンジすること。来年の開幕戦ルマンに向けて、われわれのやるべきこと、やらなければならないことを進めていきたい。引き続き、皆さんの協力に報いるべく最大限の努力を続けたい。来季目指すのは全戦でチェッカーを1番に受けることだ」と捲土(けんど)重来を誓った。

 現時点でEWCの公式発表では、開幕戦ルマン24時間(4月16〜17日)と、このスパフランコルシャン24時間が6月4〜5日の開催。7月に鈴鹿8耐が戻り、9月のボルドール24時間、その後にセパンが復活すれば、全5戦でのシーズンとなるはずだ。
 ▼藤井正和(ふじい・まさかず) 1960(昭和35)年1月31日生まれ、61歳。千葉県出身、三重県鈴鹿市在住。1984年に家業のTSRを継ぐ。ロードレースの全日本、世界選手権に挑戦して勝利を挙げ、多くのライダー、メカニックを育てる。鈴鹿8耐は3勝(2006年伊藤真一/辻村猛組、11年秋吉耕佑/伊藤真一/清成龍一、12年ジョナサン・レイ/秋吉耕佑/岡田忠之組)。EWCには16年から参戦し、17─18年はシリーズチャンピオンに輝く。18─19年はランキング2位、19─20年は同3位、21年同5位。

◆短い開催期間でも毎回スリリング!!

 6月から10月までの5カ月間という短い期間で開催されたFIM EWC(世界耐久選手権)の2021年シーズンは、毎回スリリングな展開が繰り広げられた。チャンピオンになった「ヨシムラSERT Motul」を始め、「BMWモトラッド・ワールドエンデュランスチーム」や「FCC TSRホンダフランス」ら強豪チームが各レースで優勝を果たしたが、他にも多くのチームが各場面で主役となり、シーズンを盛り上げた。

 日仏連携による新しいスズキファクトリーチーム、ヨシムラSERT Motulは、ルマンとボルドールの2つの24時間レースを制し、BMWモトラッドを抑えて参戦初年度で世界タイトルを獲得した。一方、BMWファクトリーチームのBMWモトラッドは、ルマン24時間とエストリル12時間で表彰台を獲得し、最終戦モスト6時間では見事に初優勝を飾り、ランキング2位で2年目のシーズンを終えた。

 フランスの「ウェビックSRCカワサキフランス・トリックスター」は、優勝こそなかったものの、ルマン24時間とエストリル12時間で総合2位に食い込み、最終戦モスト6時間でもヨシムラSERT Motulと最後まで競り合うなど大健闘を見せ、4位でフィニッシュ。ランキングは3位に食い込んだ。

以下英訳

F.C.C. TSR Honda France (TSR Honda France hereafter), who won the 2017-2018 FIM Endurance World Championship (EWC), participated this year as a probable winner. Masakazu Fujii, team director (61 years old) caught the eye with taking Yuki Takahashi (37 years old) into team since Japanese fans wished Japanese rider to race.
Although they won R2 Estoril 12H, they struggled with other 3 races afterwards and finally season ended with ranked 5th. With this bitter experience, they already have shifted their focus to regaining the V next season.


Taking Yuki Takahashi into the EWC Top team, TSR Honda France, has generated in Japan a lot of interest. Of course, not only they listen to the fans voice, but the director Fujii had other purpose to do so. Due to the influence of the new coronavirus, the EWC schedule was revised, and the test situation needed to get adjusted too. In situations where they couldn’t go abroad, based in Suzuka circuit, where team located nearby, Takahashi was given the task of testing “Honda CBR1000RR-R FIRRBLADE SP” (TSR-EWC spec). He is ex MotoGP rider and won the first All Japan Superstock 1000 title (2020). With such great experience he was a new force and attraction for the team.


It is participation in the EWC for the first time for Takahashi, with regular riders JOSH HOOK (28 years old) and Australia MIKE DI MEGLIO (31 years old) France. “It could be last chance in my life, but there is possibility to be able to become the world champion with my very best effort.” He was so enthusiastic.


The opening round at Le Mans 24H, qualified 6th. They were keeping 3rd place during the race, then came up to 2nd due to rival team went out the track. But needed to spend 30min for pit work due to machine trouble, so went down to 6th place. After that, occurred crash and finished the race 9th position.


I was very nervous at first as no idea what is 24H like, although I know up to 8H of Suzuka. We could not become winner same as last year that team wanted but I am glad to complete full race, and I learned how to fight on world endurance race. I found it attractive.” after his first Le Mans 24H battle, Takahashi looked back and talked.


I can say that he felt a real sense of race accomplishment, confidence, and joy.
How much work it took to get to this point, including job done to build-up and setting the machine too. Even just traveling all the distance during a world pandemic how hard it is.
Anyway, the feeling that we have overcome many hardships still comes to my mind.


R2 Estoril 12H was the race that the potential of team was shown. It was Estoril region where strong and cold winds blew but it turned that the wind died down over the weekend, the temperature rose over30 degrees and the road surface was more than 55 degrees, that toughness of heat was like just Suzuka 8H. It was survival race as tyre management was quite hard, falls occurred one after another and so safety cars (SC) several times came in. Then it went into the stressful final stages of the race which the number of pit stops was the key. Among others, Takahashi came up to top and Hook did a stable final stint with recording the highest speed 323.3k/h and took the stunning victory. It was riders’ great job but also made it to revenge their defeat Le Mans 24H with the director Fujii’s skill. Kimigayo was played on the podium with the Japanese flag on the back. The team managed to move into 2nd rank.


However, the race at R3 Bol d’or 24H, during they were pacing up they had machine trouble and ended up retiring. The dropout of rivals brought them to stay on rank 3rd, but any hope of a come-from-behind title was gone. Then last race at Most-6H, here again they retired from the race.
Now the season was over and they came in 5th place in the ranking.

Next year’s race calendar has not been announced yet, but it was already released that Circuit de Spa-Francorchamps(Belgium)would be added, means 24H races will be 3 events at Bold ‘or, Le Mans and Spa which are really tough battle races.
Looking ahead to this, TSR Honda France already made test at Spa. 3 riders joined general sports session for 2days on the Spa‐Francorchamps where is with series of difficult high‐speed corners in large gradient change. “Speaking of Spa, it is famous Eau‐Rouge that is synonymous with it. That was really shocked for me. I know this place by watching F1movie though, the cars were launched steeply uphill into a sweeping series of corners with very high speed. When I actually passed through there with bike, I really felt very heavy vertical gravity, and so does to the left and right of course. I went many circuits around the world, but Eau‐Rouge of Spa is something special. It is very thrilling one. Furthermore, distance is 7km, such long one I have never experienced. It seems it is difficult to figure out Spa, but the harder it is, the more fun it is. Anyway, it’s been a very fulfilling 2days test.” Takahashi excitedly gave comment.


“What we are looking forward to now is to improve on what we did wrong this year and to challenge ourselves again. We will continue to do our utmost to repay everyone’s support. My goal for next season is to pass through the checkered flag first in every race.” the director Fujii committed do so.


At this moment, EWC has announced that Le Mans (April 16‐17) as opening round and Spa‐Francorchamps scheduled to take place from June 4‐5. In July Suzuka 8H is back, 24H Bold‘or is in September, and if Sepang is set right after that, it should be totally 5 races in series.


▼Masakazu Fujii. Birth/ January 31st in 1960(Showa 35)61 years old. Born in Chiba, residence in Suzuka city Mie prefecture. Took over the family business TSR in 1984. Participating on the road race all Japan championship/world championship and won. He has raised many riders and mechanics. Result: 3 won on Suzuka 8H(in 2006 Shinichi Ito/Tekeshi Tsujimura, in 2011 Kosuke Akiyoshi/Shinichi Ito/Ryuichi Kiyonari, in 2012 Jonathan Rea/Kosuke Akiyoshi/Tadayuki Okada).
Started EWC from 2016, won the title in 2017‐18. Ranked 2nd in 2018‐19, ranked 3rd in 2019‐20, ranked 5th in 2021.