裕紀は7位〜ペドロサがリタイア
第13戦マレーシアGP250CC決勝
笑顔で優勝トロフィーを掲げるストーナー(AP)
笑顔で優勝トロフィーを掲げるストーナー(AP)
 第13戦マレーシアGPは25日、セパン・サーキットで250CCクラスの決勝を行い、ランク2番手のC・ストーナー(アプリリア)が20周/43分23秒136で優勝した。気温38度、路面温度50度という厳しいコンディションの中で行われたレース。4番グリッドからスタートしたストーナーはオープニング・ラッ.....
【ログインして続きを読む】