家族、親族、関係者ら120人が参列
7回忌の法要で大治郎さんの墓前で焼香する父・隆さん(カメラ=遠藤智)
7回忌の法要で大治郎さんの墓前で焼香する父・隆さん(カメラ=遠藤智)
 2003年日本GP決勝(4月6日)の事故で、同年4月20日に帰らぬ人となった加藤大治郎選手(当時26歳/天承院輪王日大居士)の7回忌が19日、東京・渋谷区の妙圓寺で家族、親族、関係者ら120人が参列して営まれた。

 大治郎選手は01年にWGP250CCクラスでシーズン最多勝記録(11勝)を打ち.....
【ログインして続きを読む】