チームノリック阿部監督が指導〜体力トレーニングなどで汗流す
福島県エビスサーキットで実施
エビスサーキットでの合宿を打ち上げた(左から)浦本、中上、野左根(カメラ=遠藤智)
エビスサーキットでの合宿を打ち上げた(左から)浦本、中上、野左根(カメラ=遠藤智)
 ロードレース世界選手権(WGP)のMoto2クラスで来季2年目を迎える中上貴晶が28日、福島県二本松市のエビスサーキットで実施していた3日間の合宿を打ち上げた。この合宿には来季からスペイン選手権に戦いの場を移す藤井謙汰、来季も全日本ロード選手権に参戦予定の野左根航汰、浦本修充も参加。オートレーサーでチーム・ノリックの阿部光雄監督の指導の下、体力トレーニングなどでみっちり汗を流した。中上は「今回初めて乗ったモタードはすごく面白かったし、いいトレーニングになった」と成果をアピール。実りあるオフを過ごしている。