ロードレース世界選手権(WGP)に参戦するホンダ・チーム・アジアは2日、来季の体制を発表した。モト3クラスはスペインのレプソル国際選手権の同クラスで総合4位の鳥羽海渡(16)、同17位のナカリン・アティラプバパト(20)=タイ=が新たに起用された。鳥羽は「グランプリ出場は目標だったのですごくうれしい。レベルの高いGPで戦うのが楽しみ」とコメントした。

 モト2クラスは今季初優勝して同6位の中上貴晶(24)が残留。モト3クラスで今季2勝したカイルール・イダム・パウィ(18)=マレーシア=が昇格する。 (遠藤智)