左からアンドレア・イアンノーネ、河内健テクニカルマネジャー、寺田覚プロジェクトリーダー、ダビデ・ブリビオ・チームマネジャー、アレックス・リンス(遠藤智撮影)
左からアンドレア・イアンノーネ、河内健テクニカルマネジャー、寺田覚プロジェクトリーダー、ダビデ・ブリビオ・チームマネジャー、アレックス・リンス(遠藤智撮影)
 【セパン(マレーシア)遠藤智】モトGPのスズキは29日、当地のセパンサーキットで2017年の体制発表を行った。今年は昨年ドゥカティで1勝してランク9位のアンドレア・イアンノーネ(27)=イタリア=と、昨年モト2で2勝してランク3位のアレックス・リンス(21)=スペイン=と体制を一新。そのため注目度も高く、会場には大勢の報道陣と関係者が詰め掛けた。

 寺田覚プロジェクトリーダーは「モトGPに復帰して3年目。昨年は復帰初優勝を達成した。今年はライダーが2人とも入れ替わって仕切り直しのシーズンとなるが、復帰2勝目に向けて全力を尽くしたい。エースとなるイアンノーネは去年初優勝を達成してモチベーションも高い。早くスズキで2勝目を挙げてもらいたい。期待している」とエールを送った。

 そして「スズキがこうした発表会を行うのは自分の経験では記憶がない。(ケビン)シュワンツさんが活躍していた時代以来で20数年ぶりかも」(寺田PL)と語り、意気込みの強さをアピールしていた。今季初のテストは30日から3日間。全日本の津田拓也もテストライダーとして参加し、ニューマシン「GSX−R1000」の開発を行う。