モトGPテスト最終日は雨で14周
 モトGPで4年連続6度目のタイトルを獲得したホンダのマルク・マルケスが、昨年の左肩に続き、オフに右肩の手術を行うことを明かした。

 「日本GPの前に違和感があり、マレーシアGPの転倒で亜脱臼。さらに今回のテスト初日に転倒して再び亜脱臼した。左肩のように悪化する前に手術する」。手術、退屈なリハビリという流れは昨年に経験済み。2月の公式テストには間に合わせ、万全の状態で来季開幕を迎える計画だ。

 テスト最終日は雨となり、14周しか走れなかったが、1分37秒820のトップタイムで締めくくった。「多くのことを試せた。このデータをチームスタッフに託し、マシンづくりに役立ててもらう」と充実した面持ちでマシンを降りた。