第8戦エミリアロマーニャGPで3位となり、今季6回目の表彰台を獲得した79号車の小椋(先頭から2台目)。先頭の13号車はライバルのビエッティで、4台目の75号車が総合首位のアレナス(いずれも遠藤智撮影)
第8戦エミリアロマーニャGPで3位となり、今季6回目の表彰台を獲得した79号車の小椋(先頭から2台目)。先頭の13号車はライバルのビエッティで、4台目の75号車が総合首位のアレナス(いずれも遠藤智撮影)
 ロードレース世界選手権(WGP)でモト3クラスに出場するホンダチームアジアの小椋藍(19)が第6戦から3戦連続表彰台を獲得し、初の王座へ突っ走っている。総合ランク2位で、首位に立つKTMのアルベルト・アレナス(23)=スペイン=に2ポイント差と迫った。新型コロナ禍に翻弄(ほんろう)されたシーズン.....
【ログインして続きを読む】